高齢者 失業保険

>>転職に良い本など<<

高齢者の失業保険の考え方

 

高齢者の失業保険の考え方についてお話致します。

 

65歳を過ぎて定年退職をして、今まで勤めていた会社で再雇用する気がなく他の仕事をしようと考えたときに失業状態とみなされるので失業保険をもらえる条件が整います。

 

ただし、余暇を楽しみたいとか夫婦で旅行へ行きたいという状況下では働く意思があるとは言えないので受給資格はみたしていないことになります。就労環境を変えてバリバリ働きたい方は失業保険を有効活用されるといいですね。

 

高齢者の仕事

 

高齢者の方で仕事を探されていらっしゃる方も多いと思います。

 

定年の年齢が60歳から65歳に引き上げられてきており、会社によっては今までの給与よりも大幅に少なくはなりますが、再雇用ができる仕組みを整えているところもありますね。

 

高齢者の方が雇用保険の受給資格があっても働く理由はやはり

 

「働かない時間が耐えられない」

 

「年金だけでは生活していくには足りなすぎる」

 

といった、時間の使い方と収入の2つの理由が大きいようです。

 

高齢者の方のお仕事で多いのが、誰でもができるパートのようなお仕事です。

 

例えば、スーパーのレジとか清掃とかですね。

 

よくビルの中で清掃している高齢者の方がいらっしゃるのをみますが、話を聞いてみると昔は大手企業に勤めていたが掃除が好きだったので清掃員のお仕事を選んだとおっしゃる方もいました。

 

清掃と聞くと印象が良くないですが、きれいにすることが楽しいと思える人にはいいのかもしれませんね。

 

高齢者の再就職

 

高齢者の再就職は基本的に今まで勤めていた会社以外ではすこし厳しいのが現状でしょう。

 

探せばたくさんお仕事はあるのですが、基本的に再就職するためには人が嫌がる仕事(就労が皆続かないみたいです)が需要があるのでそこを狙うのがいいでしょう。

 

つまり、先ほど記載した単純作業汚れ作業などです。
職を探す場合には失業保険を有効活用したりハローワークでの相談やセミナー・講習会をうまく利用していいお仕事に巡り合えるといいですね。

 

ちなみに、雇用保険と失業保険は併用できないのでどちらか一方しか同期間にはもらえないのでご注意ください。

 

高齢者雇用について

 

高齢者雇用の情報サイトは現状かなり少ない状態です。

 

というのも、社会情勢が景気がよくないというのもあり新卒・内定者も切られる世の中です。

 

高齢者雇用には、人からの口コミで探すとかした方がいいでしょう。

 

就労状況もひと伝いだとよくわかるので安心できます。

高齢者の失業保険関連ページ

定年退職の失業保険
定年退職の失業保険の年齢は雇用保険の加入条件である65歳未満であることが給付の条件。もちろん、再雇用や再就職を考えている方対象(65歳以上は一時金)で、定年退職して余暇の過ごし方を考える予定の方には失業保険の受給資格は与えられませんよ。
失業保険を65歳でもらう?
失業保険は65歳になってももらえます。定年退職後に再雇用や再就職する人が増えています。失業保険の受給資格を年齢的な条件は満たしているが余暇の過ごし方を考えるよりも雇用保険を受け取るよりも65歳以降も働いていたいと皆さん願っているのですね。