失業保険 65歳

>>転職に良い本など<<

定年退職と失業保険

 

定年退職後、失業保険と年金(老齢年金)の両方をもらおうと思っている方もいるかもしれませんが、それはできません。

 

昔は失業保険基本手当ても年金ももらえて、働いていた頃より収入多い!

 

という方も多かったそうですが、1998年(平成10年)4月からどちらか片方にしてね、というように制度改正が行われたそうです。

 

 

じゃあ失業保険を受け取ったらその間の年金がどうなるのというと、受給期間分、年金の支給期間が延長されます。

 

なので、定年退職するまで一生懸命年金納めたのに、もらえる額がトータルで減ってしまった…ということはないので、安心してください。

 

65歳の方へ

 

65歳定年を取り入れる企業も増えてきましたが、その場合、65歳での定年退職後は失業保険の基本手当て(最短で離職後3ヵ月から1年間継続給付される)はもらえず、基本日額50日分の一時金がもらえるのみです。

 

離職時に64歳ならば、失業保険ももらえますよなどといった「裏技」を紹介するサイトもありますが、

 

この裏技を使ってしまうと、退職金が目減りしてしまい、その時の退職金+失業保険の総額が、定年退職時の満額の退職金+一時金より安くて、結果的に損をしてしまうこともあるので、給付金額の多さにこだわるならば、早期退職するか定年退職するかということも考えなければいけません。

 

再就職と再雇用

 

再就職と再雇用について考えていらっしゃる方も多いでしょう。

 

年齢的なものを考えて余暇の過ごし方をゆっくり考えて過ごしたいという方より、仕事を探すという人の方が最近では多くなってきているようです。

 

雇用保険の受給資格を延長するという条件や形で定年以降も職を探す人もいますよね。

 

ただ、ちょっと趣味などをしたいとか、夫婦で過ごす時間が取れなかったから旅行へ行きたいとか考えるかたもいらっしゃいますよね。

 

熟年離婚が増えてきていますので、しっかりと夫婦間を見つめなおしお互いがうまく暮らせていける状況を確保できるようにしたいものですね。

失業保険を65歳でもらう?関連ページ

定年退職の失業保険
定年退職の失業保険の年齢は雇用保険の加入条件である65歳未満であることが給付の条件。もちろん、再雇用や再就職を考えている方対象(65歳以上は一時金)で、定年退職して余暇の過ごし方を考える予定の方には失業保険の受給資格は与えられませんよ。
高齢者の失業保険
高齢者でも失業保険はもらえます。雇用保険の受給資格はあるが、会社の再雇用や他でお仕事を探して再就職したいと考えている方が多いようです。高齢者雇用は少しづつ浸透してきていますので就労環境をしっかりと検討しましょう。失業保険もしっかりチェック!