定年退職 失業保険

>>転職に良い本など<<

定年退職について

 

定年退職をして、さてこれから余暇の過ごし方でも考えようか、でも定年退職して収入も激減して、お金もちょっと心もとないから失業保険をもらおうか…ということは「できません」。

 

失業保険の受給資格には、再就職してこれからもバリバリ働く意思がある人という条件があります。

 

ですので、とりあえず定年退職したし、のんびりして余暇の過ごし方を…と思っている方は受給資格から外れてしまうんですよ。

 

定年退職の再就職

 

定年退職して再就職しよう、と思っている方はもちろん失業保険の受給資格の条件を満たしています。

 

定年退職者には失業保険はない!ということは無いので、ご安心下さいね。

 

ただし、65歳以上の方が失業保険を給付してもらおうと思っても、65歳以上は雇用保険の加入対象外になってしまう為失業保険の基本手当てはもらえないんです。

 

だからといって給付ゼロというわけではなく、名前が「高年齢求職者給付金」という名前になり、退職理由(自己都合か会社都合かですね)に関わらず、

 

雇用保険に加入していた期間が6ヶ月〜11ヶ月の場合は30日分、1年以上の場合は50日分の基本手当てが支給されるそうです。

 

定年退職の再雇用

 

定年退職をしても再雇用を考えている方は多いようですね。

 

定年退職して今までのある程度の収入が無くなって、やっぱり年金だけでは今暮らしていくのに不安を感じている方も少なくないのかもしれません。

 

でも、定年退職して年齢もちょっと行ってしまっているけど再雇用してくれるところはあるのか…

 

と思われる方もいると思いますが、

 

ハローワーク・インターネットサービスでも年齢不問の求人もありますので、諦めずに求職してみてくださいね。

定年退職の失業保険関連ページ

失業保険を65歳でもらう?
失業保険は65歳になってももらえます。定年退職後に再雇用や再就職する人が増えています。失業保険の受給資格を年齢的な条件は満たしているが余暇の過ごし方を考えるよりも雇用保険を受け取るよりも65歳以降も働いていたいと皆さん願っているのですね。
高齢者の失業保険
高齢者でも失業保険はもらえます。雇用保険の受給資格はあるが、会社の再雇用や他でお仕事を探して再就職したいと考えている方が多いようです。高齢者雇用は少しづつ浸透してきていますので就労環境をしっかりと検討しましょう。失業保険もしっかりチェック!