失業保険 試算

>>転職に良い本など<<

失業保険の試算と金額

 

失業保険の試算して金額を知りたいという人がいると思います。

 

基本的に、失業保険でもらえるお金は、賃金日額というもので一日当たりの金額に換算されて、それに日数をかけて給付額を決定します。

 

その賃金日額は、基本的に、雇用保険に加入していた期間(被保険者期間)を元に計算するのですが、会社を退職した日から6か月間に支払われた金額(賃金)を180で割って計算した金額になります。計算方法は簡単ですし、理解しておいた方がいいでしょう。

 

※180は1か月を30日と計算してそれが6か月分なのでかけあわせた数値になります。

 

失業保険の受給額

 

失業保険の受給額は、日額に日数をかけて試算しますが、実際にもらえる金額というのは、解雇だったり会社を退職した日の6か月前に貰っていた給与の7割だったりの金額になります。

 

なので、受給額は働いている時よりも少なくなることを理解しておくことが必要になります。

 

給付額を試算するのはいいのですが、あまりそこまで期待はされたない方がいいかもしれません。

 

日額の試算

 

日額を試算したい場合には、このホームページ内でも確認できますが、自分の辞めた辞め方(会社都合か自己都合)、雇用保険の加入期間によって決定されます。

 

基本的に20代の人は90日間しかもらえません。

 

また、自己都合(例えば、会社が嫌で辞めたとか)の場合には、3か月間の待機期間があります。その間は給付金を受給することができないので、ひたすら待っていないといけません。

 

なので、会社を辞めて次の仕事が決まっていない人は貯金や貯蓄がない場合には真剣に考えておかないといけません。

 

ハローワーク(職安)失業保険の給付をもらうまでの間にアルバイトをしてもいいのですが、その分受給できる金額は、その月の分は減ります。
(後日に延長されるので実際にもらえる金額が減るわけではありません)

 

支給額があまりに少ない人は、アルバイトは必須になってくるでしょうから不正受給にならないようにルールを確認しておく必要があるでしょう。

失業保険の試算関連ページ

失業保険の金額
失業保険の金額は、離職直前の6か月間の一日当たりの賃金に一定率をかけて算出し日額を算出します。ハローワークでも教えてもらえますが、失業保険の金額の計算方法をここではお教えします。
失業保険の計算方法
失業保険の計算方法は解雇等の離職理由は無関係に、申請前の6ヶ月の所得と離職時の年齢に依存していますが、給付日数や給付率の割出がわかりにくいのが難点。計算方法がよくわからない方のために、失業保険の支給額のシュミレーションを行うウェブサイトも。
失業保険と税金
失業保険で税金を払うのは家賃収入や株等就労以外の種類の収入のある方以外は大変。失業保険はパート収入と合わせても税金や年金、家賃を払うだけで消えるのに、払わないと滞納金が増えてしまいます。ここは免除ができるか退職後市役所に相談に行きましょう!
失業保険の所得税
失業保険は所得税の課税対象外でそれは外国人も同様ですが、退職後、失業保険給付制限中ののアルバイトなどの給与や株の所得が多すぎると所得税の税率がついてしまうことも。その場合は確定申告をして控除を申請するなりして取りもどしましょう。