失業保険の金額

>>転職に良い本など<<

失業保険の金額

 

失業保険の金額は一体いくらもらえるのだろう?っと気になる方もいると思います。

 

支給される金額は、「基本手当日額」と呼ばれています。

 

一日あたりの金額のことを指すのですが、決め方には一定のルールがあります。

 

原則として、離職した日の直前6か月の間に毎月決まって支払われた賃金の合計を180で割って算出した金額(これを「賃金日額」と呼びます)のおよそ、5〜8割(60歳〜64歳については、4.5割〜8割)となっていて、賃金の低い人ほど高い率をもらえるようになっています。

 

 

簡単にいうと、会社を辞める前の6か月間の賃金から1日当たりの金額を換算してみて、その金額に一定の率をかけて、金額を決めるということです。

 

つまり、やめる直前の6か月間残業などをいっぱいしておけば、賃金日額が高くなるということです。
細かいことについては、お得情報で紹介します。

 

 

この、「基本手当日額」は今日保険法第18条の規定により、前年度の毎月の勤労統計における平均給与額の変動比率に応じて、毎年8月1日以降に変更されることがあります。

 

上限額と下限額について

 

 

  年齢区分 賃金日額上限額 基本日額上限額
1 〜29歳 12,730円 6,365
2 30〜44歳 14,140円 7,070円
3 45〜59歳 15,550円 7,775円
4 60〜64歳 15,060円 6,777円
  年齢区分 賃金日額下限額 基本手当日額下限額
1 全年齢共通 2,070円 1,656円

 

 

 

最低でも、この金額はもらえるということです。

 

最近では、入社3年以内に辞める方が多いので記載しておきますと、辞めた際の月給が25万円付近であると日額の支給額が大体5,500円付近になるのではないでしょうか。(自己都合退職の場合)

 

雇用保険の加入期間によって失業保険の受け取れる日数も変わってくるのでトータルで受け取れる金額も変わってきます。

 

 

 

今年(2008年)は若干改定後の金額が落ちているようです。

失業保険の金額関連ページ

失業保険の計算方法
失業保険の計算方法は解雇等の離職理由は無関係に、申請前の6ヶ月の所得と離職時の年齢に依存していますが、給付日数や給付率の割出がわかりにくいのが難点。計算方法がよくわからない方のために、失業保険の支給額のシュミレーションを行うウェブサイトも。
失業保険の試算
失業保険の試算をして給付額をある程度知ることができます。計算方法は、日額に日数をかけて算出します。受給額は大体給与の7割。支給額が少ないと思われる人もいます。解雇されて失業保険の試算をしたい人は計算の仕方を知ってくといいでしょう。
失業保険と税金
失業保険で税金を払うのは家賃収入や株等就労以外の種類の収入のある方以外は大変。失業保険はパート収入と合わせても税金や年金、家賃を払うだけで消えるのに、払わないと滞納金が増えてしまいます。ここは免除ができるか退職後市役所に相談に行きましょう!
失業保険の所得税
失業保険は所得税の課税対象外でそれは外国人も同様ですが、退職後、失業保険給付制限中ののアルバイトなどの給与や株の所得が多すぎると所得税の税率がついてしまうことも。その場合は確定申告をして控除を申請するなりして取りもどしましょう。