妊娠中 失業保険

>>転職に良い本など<<

妊娠中 失業保険

 

妊娠中に失業保険をもらえますか?とハローワークに聞いたら、おそらく「やめときなさい」と止められます。

 

実際、妊娠中の方に対して紹介できるようなお仕事はないようです。

 

体の状態も良好な方は、働いても問題ないのに何で?と思われるかもしれませんが、パートでもなんでも、出産を控えた妊婦さんが就業中に倒れたり、産気づいたらその時点で会社側は怖くてお仕事を任せられなくなってしまいます。

 

そういうことも考えて、「落ち着いたらまた募集してください」などという微妙な返事をされる企業も多いと思います。

 

子どもが大きくなれば働くチャンスはいくらでも出てくるので、出産を控えた時はゆっくり体を休めて出産準備に入ることをお勧めしますよ。

 

妊娠中 失業保険 もらい方

 

妊娠中でも失業保険のもらい方があるのでは?と思われるかもしれません。

 

妊娠中は正直先ほど記載したように基本的にNGになります。というのも、労働法をご存じの方であれば、子どもの出産予定日の6週間前から出産した後の8週間までは絶対働いてはいけないというのがあることを知っていると思います。

 

妊娠中で失業保険をもらうということであれば、会社を退職していることを前提に考えると、自己都合退職で辞めている場合が想定されます。

 

そうすると、給付対象になるまでに、7日間と3か月の待機期間が存在します。

 

このことを考えると確実に就職活動の給付期間中にお腹が大きくなり働ける状態ではなくなってしまうことが考えられますね。

 

ですので、失業保険はこの場合には認められない可能性があるので難しいでしょう。

 

妊娠中 副業

 

妊娠中に副業などお金を稼ぎたいという方もいると思います。

 

出産前と出産後は体のためにも安静にしていた方がいいので、家でできる仕事をしたいと考える人もいるでしょう。

 

お金を稼ぎたいけど、外にはでれないと思った時に、パートに出たいと思うけど、赤ちゃんがいて出れない。

 

そんなときにいいのが、SOHOです。これであれば自宅でできるし、簡単にできるものがたくさんあります。

 

例を出すと、ホームページ作成作業、ブログ投稿作業などなど。パソコンが使えれば問題なく働くことができます。

 

産休の期間中でも色々と探してお仕事をされてみてはいかがでしょう。

 

ただし、金額的には外で働くよりはある程度少なくなることを理解しておかないといけません。

 

結婚後、退職してお金がいるということであれば、ある程度の金額と条件があえば結構簡単に見つけることができます。

 

アルバイトよりはよいのではないでしょうか。

妊娠中の失業保険関連ページ

失業保険と産休
失業保険を産休取得者はもらえませんが、育休を取得して一定の日数以上勤務すると雇用保険から育休期間のお給料50%に相当する手当金がもらえます。産休を理由に解雇された場合は、パート・正社員を問わず失業保険の給付条件に当てはまりますよ。
失業保険と結婚退職
失業保険は結婚退職をした方は受け取れません。転職の意思がある場合失業保険の受給資格の条件も満たしますが、手続き・申請後約4ヶ月給付金は受取れません。住民税等税金や生活費を支払える収入が無い方は結婚退職してもパート等で働く必要がありますね。
失業保険と出産
失業保険は出産を控えた妊娠中の方は受け取れません。出産はまだ先でも、契約社員やパートでも就職の条件は厳しいようです。結婚して、退職してからまとまった金額の給付金が欲しいのはわかりますが、失業保険は諦めて体をゆっくり休めることも大事ですよ。
失業保険と結婚
失業保険を結婚する前に調べておいたがいいでしょう。特に退職してしまう方などは。妊娠中の人は出産後に条件を満たせは給付を受けられます。金額は6掛けとかですが、契約社員やパートで働くよりはいいかもしれません。失業保険は結婚前に考えましょう。