失業保険 結婚

>>転職に良い本など<<

失業保険と結婚

 

失業保険は結婚を機に退職する人には支給されません(もちろん結婚を機に今のお仕事を辞めて、新しく職を探すというならば別です)。

 

専業主婦にはお金は出ないのです。

 

ただし、出産がからむと話がまた変わってきます。できちゃった婚=結婚+出産のために退職ということだと、失業保険をもらえるチャンスも出てくるのです。

 

この場合は失業保険の延長申請が必要ですので、退職後30日を過ぎてから1ヶ月以内にハローワークに行きましょう。

 

体がきつい場合は、ご主人に代わりに行ってもらっても大丈夫ですよ。

 

結婚したら会社を辞めると考えている人は、失業保険の取得の条件などを結婚前に調べておいた方がいいでしょう。

 

結婚してパートやアルバイトで働くよりは、正社員より時間にゆとりが持てる契約社員とかの方が受け取れる金額的にもいいかもしれませんね。

失業保険と出産後

 

失業保険を出産後に取得する場合には、条件があります。

 

それは、働く意思があり、今すぐ就業ができる状況にある必要があります。

 

出産してから子供がいても働けないのであればそれは失業保険の取得の条件に合致しないのでNGになります。

 

出産後にすぐに働きたいと考えている方は、子どもの子育てをどうするか、両親にあづけるとか妊娠中から考えておいた方がいいでしょう。

 

ただし、これは労働法にも載っているのですが、赤ちゃんができて出産予定日の6週間前から出産後の8週間(2ヶ月)までは働いてはいけないという決まりがあります。

 

なので、出産後に関しては、この条件を外れてからの活動になります。

 

退職してからお金がないと生活が難しいということであれば、家でできるアルバイトを検討されてもいいかもしれません。

 

最近では、SOHOのような自宅でできるお仕事もありますので、妊娠中でも大丈夫ですし、家にいて子どもの面倒を見ながらお仕事をすることができますよ。

失業保険と結婚関連ページ

失業保険と産休
失業保険を産休取得者はもらえませんが、育休を取得して一定の日数以上勤務すると雇用保険から育休期間のお給料50%に相当する手当金がもらえます。産休を理由に解雇された場合は、パート・正社員を問わず失業保険の給付条件に当てはまりますよ。
失業保険と結婚退職
失業保険は結婚退職をした方は受け取れません。転職の意思がある場合失業保険の受給資格の条件も満たしますが、手続き・申請後約4ヶ月給付金は受取れません。住民税等税金や生活費を支払える収入が無い方は結婚退職してもパート等で働く必要がありますね。
失業保険と出産
失業保険は出産を控えた妊娠中の方は受け取れません。出産はまだ先でも、契約社員やパートでも就職の条件は厳しいようです。結婚して、退職してからまとまった金額の給付金が欲しいのはわかりますが、失業保険は諦めて体をゆっくり休めることも大事ですよ。
妊娠中の失業保険
妊娠中に失業保険のもらい方はある?結論としては条件を満たさず無理です。結婚退職してある程度の金額を手にしたいと思っても無理なので、妊娠中から副業を始めたり産休の期間中に失業保険の代わりにパートではなく自宅でできるお仕事を探すがいいでしょう。