失業保険と産休

>>転職に良い本など<<

産休と失業保険

 

産休と失業保険(この失業保険というのは一般に言うところの失業保険基本手当てのことですね)は、絶対に同時には申請できない制度です。

 

なぜかというと、産休は「必ず出産後復帰する」という前提に成り立つ制度で、失業保険は「"失業中"の仕事を探している、今すぐ就業可能な方」という条件を満たす人に給付される雇用保険の所得補助制度だからです。

 

だから、正社員・パートに関わらず会社にお勤めしている方が産休を取っている方が「失業保険すぐにもらいたいんですけど」とハローワークに聞いても「それは無理ですから」と一蹴されてしまいますよ。

 

産休の期間

 

産休の期間は、出産予定日前の6週間(双子以上の場合は14週間)〜出産後8週間。

 

この期間中は当然ながら会社からのお給料はもらえません(有給休暇を使わない限りは)。

 

でも、出産には一時金がもらえてもお金はやっぱり必要になりますし、もらえるものはもらいたいですよね。

 

会社の健康保険に加入している場合は、産休中は出産手当金がもらえたり(大体35万円くらい)、育児休業中は「育児休業給付金」がハローワークからもらえたりもするので(失業保険、ではありませんよ)、出産の際はきちんと申請をしましょう。

 

産休について

 

産休を取ろうとしたら会社から業務縮小などの理由をつけられて解雇を言い渡された場合(解雇理由は他の理由でも同じです)、それは「会社都合」の離職になります。

 

その場合は、失業保険の給付日数が増える為、自己都合で退職した方に比べて多く失業保険の給付を受け取れます。

 

ただし、産休中(働くにも働けない状況)ですので失業保険を申請しても絶対に失業保険の申請は認可されません。

 

ですので、そういった場合は必ずハローワークに失業保険の延長手続きを行っておきましょう。

 

パートでも

 

パートでも正社員でも、「産休」を取れるのは女性のみです(男の人は出産ができませんしね)。

 

男の方の場合は、奥さんが出産するときに立会いしたり…という場合に休んだりしますが、そういったときも大体は有給休暇を申請したりしますよね。

 

男の方は育児休暇をとるような形になりますが、この育児休暇は取らなければいけないという決まりが無い為にこの制度自体がない会社も多く、取ったとしても周りから冷たい目で見られる方も多いようです。

 

生まれてすぐの子供の世話は想像以上に大変なので、週一回などでいいから育休がとりやすくなったらなあ、などと子育てをしているハハオヤは思います。

 

失業保険について

 

失業保険と一般で認識されているのは、雇用保険の中の「失業給付金」のことです。

 

この雇用保険の中には、産休後におそらく取るだろう育児休業中に支給される「育児休業基本給付金」と休業終了後6ヶ月勤務することが条件で給付される「育児休業者職場復帰給付金」があります。

 

この給付金の総額は、休業の間にもらえるお給料の日数分の約50%に相当する金額になります(基本給付金30%+復帰給付金は20%。ただし、平成22年4月1日からは復帰給付金は10%になるそうです)。

 

これは、会社が自動的に申請してくれる場合と、自分で行わなければ何も給付されない場合がありますので、産休を取ろうと決めた時点で人事部などに相談することをお勧めします。

失業保険と産休関連ページ

失業保険と結婚退職
失業保険は結婚退職をした方は受け取れません。転職の意思がある場合失業保険の受給資格の条件も満たしますが、手続き・申請後約4ヶ月給付金は受取れません。住民税等税金や生活費を支払える収入が無い方は結婚退職してもパート等で働く必要がありますね。
失業保険と出産
失業保険は出産を控えた妊娠中の方は受け取れません。出産はまだ先でも、契約社員やパートでも就職の条件は厳しいようです。結婚して、退職してからまとまった金額の給付金が欲しいのはわかりますが、失業保険は諦めて体をゆっくり休めることも大事ですよ。
失業保険と結婚
失業保険を結婚する前に調べておいたがいいでしょう。特に退職してしまう方などは。妊娠中の人は出産後に条件を満たせは給付を受けられます。金額は6掛けとかですが、契約社員やパートで働くよりはいいかもしれません。失業保険は結婚前に考えましょう。
妊娠中の失業保険
妊娠中に失業保険のもらい方はある?結論としては条件を満たさず無理です。結婚退職してある程度の金額を手にしたいと思っても無理なので、妊娠中から副業を始めたり産休の期間中に失業保険の代わりにパートではなく自宅でできるお仕事を探すがいいでしょう。