失業保険 説明会

>>転職に良い本など<<

失業保険の申請

 

失業保険の申請を終えて、「よし、これで失業保険もらえる!」…というわけではありません。

 

そんな簡単に失業保険で収入が得られるなら、みんなお仕事しませんよね。

 

ちゃんとお仕事をするために色々と求職活動をして、4ヶ月に1回の認定日で「これこれこういうことをしました」という申請を行って、条件を満たすことで初めて失業保険は給付されるのですが、最初はどうやっていいのかわからないですよね。

 

そういった方のために、「雇用保険説明会」はあるんです。

 

いくらもらえるかもしっかりと「しおり」のようなものに書いてありますよ。

 

失業保険の説明会

 

失業保険の説明会(正しくは、雇用保険説明会)は、まず第一段階の「離職票提出(求職の申し込みですね)」を行ったあとに必ず行われます。

 

日程は大体離職票提出から1〜3週間後(これは地域によって違うようです)に日時をハローワーク側から指定されるので、必ずその日は予定を空けておきましょう。

 

少なくとも、第1回の認定日よりは早く行われますよ。

 

ただ、説明会に関してはある程度融通が利くようで、結婚式の出席やお葬式の参列など抜けるに抜けられない事情がある場合は調整をしてくれるようです(当然、朝弱いから午後にしてとか、旅行の予定があるというのは却下で)。

 

一応離職票提出の時点か日程を聞いた時点、どうしても行けない事情が発生したときはできるだけ早めにハローワークに相談するのが一番です。

 

説明会に行きたくない

 

「説明会なんてかったるいから行きたくない」なんて思っている方がいるかもしれませんが、そんなことハローワークが許すはずもありません。

 

どこらへんで許せないのかというと、説明会に行かないと失業保険の申請に必要な提出書類の「失業認定申告書」「雇用保険受給資格者証」がもらえないからです。

 

これ、4ヶ月に1度の失業保険の認定日には必ず使うものです(むしろ、この二つがないと申請条件を持たないことになってしまう)ので、自動的に説明会には行くことになるんですよ。

 

失業保険の給付

 

失業保険を給付してもらう為にはまず、初回の説明会に行くのが必須なわけですが、所要時間は1時間半〜2時間半。雇用保険についてのビデオを見たり、書類の記入の仕方をハローワークの職員さんから聞いたりと、「失業保険基礎の基礎講座」みたいな雰囲気だそうです。

 

最近失業保険の不正受給の摘発件数が増えているとかで、説明会のビデオでも職員さんの話でも不正受給については特に熱く語るそうです。(結構、これでびびってアルバイトできなくなる人が多数います。)

 

「うっかり申告漏れ不正受給」というのもあるそうなので、そこらへんの話はしっかり聞いておきましょう!

 

いくらももらっていなくても、申告はしないといけないんです。

 

アルバイトをしていくらくらいもらったら申告すればいいの?というよりも、働いたらすべて申請です。

 

間違っても、不正申告はだめですよ。

失業保険の説明会関連ページ

失業保険の就職活動
失業保険中の就職活動は、受給条件では「受給期間中は4週間に2回以上」とされています。早めに就職活動が決まれば残りの日額に対応した金額の一時金ももらえます。失業保険の認定の申請は派遣の登録やハローワークの職探し、セミナーの参加でもOKです。