失業保険 給付率

>>転職に良い本など<<

失業保険 給付率

 

失業保険に給付率があるということをご存知でしょうか。

 

失業保険の給付金額は、一日単位の金額=基本手当日額によってきまるのですが、この日額を決定する大事な要素が給付率なんです。

 

給付率は、今までもらっていたお給料の6ヶ月平均(ボーナスは入れませんよ)を180で割った数に掛けるもの(0.45〜0.8)なのですが、この給付率はこの今までの賃金日額と年齢によって決まってきます。

 

この給付率はやはりこの給与の日額が低い方のほうが高め。60〜64歳の方の場合、給付率が他の年代の方より若干低くなりますよ。

 

失業保険 いくらもらえる

 

失業保険がいくらもらえるのか気になる人も多いと思いますが、先ほどの計算方法に当てはめて考えるといいでしょう。

 

会社を辞める前にある程度の概算値は算出することはできますが、いくらもらえるかの正確な数値はハローワークに試算してもらわないとわからないという側面はあります。

 

20代だと大体8掛けとかにはなると思います。

 

失業保険 悩み

 

失業保険をもらえるけど悩みを抱える人がいます。

 

それは、自己都合退職をして給付までに3か月の待機期間がある人です。

 

その間定職につけばいいですが、何もつかずに生活している人で貯金などがないという人はかなりつらい状況になるでしょう。

 

離職理由が会社都合であれば、待機期間は7日間ありますがその月からもらえる(就職活動実績が2回以上ある方のみ)ので、ある程度安心することができると思います。

 

では、自己都合退職した人はその間どうすればいいのかというと、アルバイトであったりをするということになるでしょう。

 

ハローワークにいくと、アルバイトはしてはいけませんと言われるのですが、生活がかかっているためお金は必要ですよね。(給付金額をまっているわけにはいきません。。)

 

なので、働いたらいつ働きましたと申告すれば、OKという仕組みになってその期間だけ給付が延長されるという流れになっています。

 

手続きは月に1回書類を出しに行くだけなので割と簡単に受け取ることができますよ。

 

失業保険の給付率関連ページ

失業保険 いくら?
失業保険でいくらもらえるのか気になると思います。金額計算できるサイトもありますので申請前にある程度の概算を知ることができます。ハローワークの説明会でも認定日の前に収入から失業保険がいくらもらえるか解説してくれるので安心してくださいね。
失業保険の支給額
失業保険の支給額の計算方法すぐにわかります。離職理由などにより給付率や日数が変わってきますが、所得からシュミレーションをすることができます。失業保険の支給額は解雇された人が申請すると待機期間が短くすみ早く受け取れることができますよ。
失業保険の給付日数
失業保険の給付日数は人によって違います。計算方法は給付日数と給付率などから給付金額を決めていきます。ハローワークに手続きすれば失業保険がもらえます。離職理由から待機期間に差がありますが、バイトもすることができますよ。
失業保険の給付金額
失業保険の給付金額は、離職理由が会社都合だと待機期間があるものの制限がないので額が増えます。給付率や計算方法がわからなくても給付金額がいくらか計算するサイトもあります。アルバイトをしてもハローワークの失業保険の手続きの際申請すればOKです。
失業保険の給付制限
失業保険の給付制限は、年齢・収入に関わらず離職理由が自己都合で退職した方には必ずかかります。給付制限〜初めての失業保険の認定・給付日までの受給日数の約4ヶ月は厳しい財政になるのでアルバイトの勤務条件にもハローワークはある程度寛容なようです。