失業保険 いくら

>>転職に良い本など<<

失業保険 いくら

 

失業保険はいくら給付されて、どのくらいの期間もらえるの?

 

という失業保険の収入に関する疑問も、失業保険の初回説明会では解明されます。

 

なぜかというと、説明会でもらえる「雇用保険受給資格者証」に記入されているから。

 

この書類には基本日額いくらで何日間までもらえますよーということも書いてあるので、必死に計算しなくても大丈夫です(事前に計算しようとしても給付率がわからないので、大体の日額しかわからないんですけどね)。

 

失業保険の計算

 

失業保険の受給金額を計算しようとしている人がいますが(そういうサイトもあります)、あまり意味がないと思います。

 

いくらもらえるの?というのはとても気になることだとは思いますが、基本的にもらえる金額というのは、大体これくらいという予想しかつけられないからです。

 

というのも、もらえる金額というのは毎年、昨年の日本の収入の平均などの推移を割り出して、失業保険の給付に反映をしています。

 

現に、今年の11月にもらえる金額というのも、昨年の平均推移が下がったので、もらえるお金も一日あたり数十円下がっています。

 

このもらえるお金はハローワークに質問すればわかりますが、そこまで細かい対応はしてもらないでしょうから、概算で考えておくといいと思います。

 

会社都合や自己都合によってもらえるまでの期間が変わったり、雇用保険に加入している期間によっても受け取れる日数が違ってきます。

 

雇用保険に10年未満の加入で大体90日になりますので、若い人はほぼ90日だと考えていいのではないでしょうか。

 

給付認定を受けるまでに

 

給付認定を受けるには、ハローワークにいけばいいだけなので割と簡単です。

 

ただし、実際にお金を受け取るには人によって差が出てきます。

 

これは、会社都合で辞めたか、自己都合で辞めたかの違いによるもので、自己都合で辞めた人は、3か月間の期間待たねばなりません。

 

かなり支給が遅れるので、できるだけ会社都合で辞めた方が得策ですね。

失業保険 いくら?関連ページ

失業保険の支給額
失業保険の支給額の計算方法すぐにわかります。離職理由などにより給付率や日数が変わってきますが、所得からシュミレーションをすることができます。失業保険の支給額は解雇された人が申請すると待機期間が短くすみ早く受け取れることができますよ。
失業保険の給付率
失業保険の給付率で給付金額が決まります。計算方法は簡単で、ハローワークが年齢もみて決めます。いくらもらえるのかいつもらえるのかは離職理由によっても違い待機期間も変わります。失業保険の給付率を気にする前に手続きをしてバイトして対応しましょう!
失業保険の給付日数
失業保険の給付日数は人によって違います。計算方法は給付日数と給付率などから給付金額を決めていきます。ハローワークに手続きすれば失業保険がもらえます。離職理由から待機期間に差がありますが、バイトもすることができますよ。
失業保険の給付金額
失業保険の給付金額は、離職理由が会社都合だと待機期間があるものの制限がないので額が増えます。給付率や計算方法がわからなくても給付金額がいくらか計算するサイトもあります。アルバイトをしてもハローワークの失業保険の手続きの際申請すればOKです。
失業保険の給付制限
失業保険の給付制限は、年齢・収入に関わらず離職理由が自己都合で退職した方には必ずかかります。給付制限〜初めての失業保険の認定・給付日までの受給日数の約4ヶ月は厳しい財政になるのでアルバイトの勤務条件にもハローワークはある程度寛容なようです。