懲戒解雇 失業保険

>>転職に良い本など<<

懲戒解雇 失業保険

 

懲戒解雇の場合、失業保険は給付されません。

 

これは、失業保険は「会社にとって損害を及ぼした者に対しては支払われない」という決まりがあるため、懲戒解雇つまり何らかのトラブルを起こしてクビになった時は、自己都合ではなくても失業給付金の給付対象から外れてしまうのです。

 

今まで雇用保険も払ってきたのに何でそういうことになるのかと思うかもしれませんが、被雇用者は会社に利益を与える為に雇われているわけで、懲戒解雇をしなければならないほどの問題を起こした人に対してはこちらの都合で辞めてもらうけどサポートはできません、ということのようです。

 

失業保険 失業給付

 

失業保険の失業給付には自己都合と会社都合でもらえるまでに期間があいたりすることがあります。

 

退職してからある程度資金がある人はいいですが、ない人はすこし考えたほうがいいかもしれません。

 

公務員は今は不況なのでやめることはないと思いますが、こういう知識はあった方がいいかもしれませんね。

 

特に、海外のアメリカとか色々な方面の知識もあった方がいいかもしれません。

 

失業給付は、アルバイトでも派遣社員でも雇用保険に加入していればもらえます。

 

出産する人は失業給付の延長をすることができますよ。

 

いくらもらえるかとかは計算すればいいことですが、状況によってもらえる金額というのは毎年改定されます。

懲戒解雇の失業保険関連ページ

失業保険の解雇
失業保険は解雇されたら申請しよう。特定受給資格者になると条件(雇用保険の加入日数や離職理由)によって給付日数が増えたり給付制限がすくなくなったりするのでハローワークへ行く前に理解しておきましょう。解雇されても失業保険を賢く受け取りましょう!
失業保険の会社都合
失業保険の会社都合退職は、解雇などの為に転職準備ができないからか自己都合の離職よりも失業保険の基本手当日額の3ヶ月分が多く支給されます。離職理由の条件によっては、離職票手続きの際に会社都合として異議を唱えることもできます。
失業保険と倒産
失業保険は倒産などの会社都合の離職理由の場合、給付期間が長いのと制限が無い為給付額が多くなります。派遣会社から派遣された企業の倒産・解雇の場合も同様です。たくさん失業保険のお金を受け取る為にも、受給資格のある方は手続きを早めに行いましょう。
失業保険と自己都合
失業保険は自己都合の方に対して失業給付を遅らせていますが、延長申請をすると派遣社員でもそれはありません。公務員は退職手当という失業保険同様に計算されたお金が入り、懲戒解雇者は給付はナシです。アメリカでは自己都合離職の人には厳しいそうですよ。
退職と失業保険
退職して失業保険をもらいたい人。希望退職の人は会社都合、定年、出産、懲戒解雇の人は自己都合。アルバイト・派遣に関わらず失業給付は一定条件をクリアしていればもらえます。退職して失業保険をもらいたい人はすこしだけ勉強した方がいいです。