退職 失業保険

>>転職に良い本など<<

退職 失業保険

 

退職すると失業保険が今までの給与の振込先にポンと入ってくるわけではありません。

 

正社員でも派遣社員でも、自己都合でも会社都合でも、失業給付をもらうためには、必ず離職票などの必要書類を持ってハローワークに行かなければなりません。

 

これはもちろん本人が直接ハローワークに出向かなければいけません(延長の場合は郵送や代理人を建てての申請でも大丈夫ですが)。

 

失業関係の申請は期日がきっちりと決まっているものがほとんどなので、失業中はスケジュールをハローワーク中心に組み立てていくのが賢明です。

 

失業保険 希望退職

 

失業保険をもらう前に希望退職を迫らせている人はどうするのか?ということについて考えてみましょう。

 

希望退職の人は、会社から辞めてくれる人を募っているわけですから、自分から辞めることを決意しても本当は会社がなにもなければ辞める必要性はなかったわけで、自己都合というよりは会社都合の辞め方になります。

 

希望退職する人は、おそらく転職するまでに時間がないと思いますが、やめてからの転職活動は想像以上に大変だと思います。

 

そこは理解された方がいいかもしれません。

 

懲戒解雇よりはいいと思いますよね。

 

懲戒解雇だと、次に転職する時の印象がよくないですし。

 

失業保険 出産退職

 

失業保険を出産退職をする人がもらえるのか?結論はすぐにはもらえないので、延長申請をしないといけないですね。

 

出産退職するということは子供がお腹の中にいるわけで、すぐに働けないわけなので退職しているわけです。

 

なので、これでは仕事ができないので、失業の給付は受けられないという結論に至ってしまいます。

 

アルバイトはしないと思いますが、出産するまでおとなしくしておいた方がいいみたいです。

 

派遣社員を辞めたほ人もどうようです。

 

定年退職 失業保険

 

定年退職の人は、失業保険をもらえるのかもらえますが。年金をもらいたい人は同時にもらえないので、注意してください。

 

先に、失業保険をもらってからがいいと思います。

退職と失業保険関連ページ

失業保険の解雇
失業保険は解雇されたら申請しよう。特定受給資格者になると条件(雇用保険の加入日数や離職理由)によって給付日数が増えたり給付制限がすくなくなったりするのでハローワークへ行く前に理解しておきましょう。解雇されても失業保険を賢く受け取りましょう!
失業保険の会社都合
失業保険の会社都合退職は、解雇などの為に転職準備ができないからか自己都合の離職よりも失業保険の基本手当日額の3ヶ月分が多く支給されます。離職理由の条件によっては、離職票手続きの際に会社都合として異議を唱えることもできます。
失業保険と倒産
失業保険は倒産などの会社都合の離職理由の場合、給付期間が長いのと制限が無い為給付額が多くなります。派遣会社から派遣された企業の倒産・解雇の場合も同様です。たくさん失業保険のお金を受け取る為にも、受給資格のある方は手続きを早めに行いましょう。
失業保険と自己都合
失業保険は自己都合の方に対して失業給付を遅らせていますが、延長申請をすると派遣社員でもそれはありません。公務員は退職手当という失業保険同様に計算されたお金が入り、懲戒解雇者は給付はナシです。アメリカでは自己都合離職の人には厳しいそうですよ。
懲戒解雇の失業保険
懲戒解雇は失業保険はもらえません。自己都合で退職すればアルバイト、派遣社員でももらえます。公務員の人は知識としてアメリカとかの失業給付について知っておくのもいいかも。懲戒解雇はもらえませんが、失業保険の計算や延長の方法は知っておきましょう。